スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←序章 →覚醒 2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 学園物語
もくじ  3kaku_s_L.png 被虐のうた
もくじ  3kaku_s_L.png 青き日々
もくじ  3kaku_s_L.png 昼のぼる月
もくじ  3kaku_s_L.png 双子の神
もくじ  3kaku_s_L.png 夏物語
もくじ  3kaku_s_L.png 濁流
もくじ  3kaku_s_L.png 青き日々の情景
もくじ  3kaku_s_L.png 小説の断片
もくじ  3kaku_s_L.png 小説
もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の中の少年
もくじ  3kaku_s_L.png 掌編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png あの日の情景
もくじ  3kaku_s_L.png BGM(動画+詩)
もくじ  3kaku_s_L.png 闇詩(詩)
もくじ  3kaku_s_L.png 渇き
もくじ  3kaku_s_L.png 紅い闇
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png Lost Files
もくじ  3kaku_s_L.png 戯言
もくじ  3kaku_s_L.png 乾き
  • 【序章】へ
  • 【覚醒 2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

双子の神

覚醒 1

 ←序章 →覚醒 2

農夫であるカーロンは、いつもの様に畑仕事にと出向いていた。

雨の多い憂鬱なこの季節には珍しく、空は青々と澄みわたり、漆黒の大地に、若芽色の作物も健やかに顔を覗かせている。

成長を妨げるイタズラな草を抜き終わり、井戸から運んでおいた冷たい恵みを分け与えて、一息つくために畑の脇の木陰に農夫はしゃがみ込んでいた。


「カーロンよ 聞こえるか?」穏やかな風の音に交じり軽やかに声が聞こえる。

凡庸な顔で辺りを見回しても、一面に広がる緑の敷布が見えるだけであった。

「聞こえているのだな ここじゃカーロン」声は頭上より響いていた。

見上げたカーロンの頭の先の枝に、駒鳥に似た紫の鳥がとまっていた。

その小さな嘴がカーロンに向かい話しかけている。

「悪しき双子が目覚めたのだ この世界は 始まりの時と同じく流れに逆らい始めておる 目覚めのときなのだカーロン」鳥は囀りにも似た声で語る。

…もっともそいつは面倒であんまり気が進まないのだがね わたしゃ

最後のつぶやきは農夫には届かなかったようだ。

「お言葉ですがね小鳥さん、おいらにはあまり関係のない話のようで、だいいち、女房の奴に相談しねえと」

からからと鳥が笑う。

「お主の女房とやらは どこにおると言うのじゃ?名は?カーロンよ お主はいつからそうやって芽に水を蒔き草ををむしっておるのじゃ 応えられるか?農夫カーロンよ」

カーロンは凡庸な顔をかしげ、少し考えた後喋り始めた。

「おいらは見ての通りただの農夫だから、おまけに頭がたりねえからすぐには思い出せねぇけど、言われてみれば………」

「農夫よカーロンよ もうそろそろ覚醒が終わる お主の真の姿にとな ワシは少し離れることにするぞ お主、いやオマエの怒りに触れぬようにな」

囀りのあいだ首を傾げるばかりであったカーロンの顔つきが変りはじめる。

造作が変ったのではなく、力が宿りはじめたのだ。

瞳は強い光をたたえ始め、口元は皮肉に引き締まり姿勢は正され、全身がふてぶてしく別人のオーラに包まれはじめている。

そして突然面を鳥へと向け、落ちていた枝で小鳥を払い落とそうとした。

「…だから、気が進まなかったのさ、あたしゃ…」

枝に止まっていたはずの紫の小鳥は、若い少女の姿を象りカーロンの目の前にと降り立った。その口元からしゃがれた老いた声を漏らしながら。

「ルノアリアン!てめぇ思い出したぜ、よくもこの俺様を、狂戦士カーロン様をたばかりやがったな?この腐れ魔女野郎!」

其処にはすでに凡庸な農夫の姿はなく、怒りに満ちた荒々らしき戦士が雄たけびを上げとびかからんばかりであった。

関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 学園物語
もくじ  3kaku_s_L.png 被虐のうた
もくじ  3kaku_s_L.png 青き日々
もくじ  3kaku_s_L.png 昼のぼる月
もくじ  3kaku_s_L.png 双子の神
もくじ  3kaku_s_L.png 夏物語
もくじ  3kaku_s_L.png 濁流
もくじ  3kaku_s_L.png 青き日々の情景
もくじ  3kaku_s_L.png 小説の断片
もくじ  3kaku_s_L.png 小説
もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の中の少年
もくじ  3kaku_s_L.png 掌編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png あの日の情景
もくじ  3kaku_s_L.png BGM(動画+詩)
もくじ  3kaku_s_L.png 闇詩(詩)
もくじ  3kaku_s_L.png 渇き
もくじ  3kaku_s_L.png 紅い闇
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png Lost Files
もくじ  3kaku_s_L.png 戯言
もくじ  3kaku_s_L.png 乾き
  • 【序章】へ
  • 【覚醒 2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【序章】へ
  • 【覚醒 2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。