スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←新たなる悦び →流浪 2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 学園物語
もくじ  3kaku_s_L.png 被虐のうた
もくじ  3kaku_s_L.png 青き日々
もくじ  3kaku_s_L.png 昼のぼる月
もくじ  3kaku_s_L.png 双子の神
もくじ  3kaku_s_L.png 夏物語
もくじ  3kaku_s_L.png 濁流
もくじ  3kaku_s_L.png 青き日々の情景
もくじ  3kaku_s_L.png 小説の断片
もくじ  3kaku_s_L.png 小説
もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の中の少年
もくじ  3kaku_s_L.png 掌編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png あの日の情景
もくじ  3kaku_s_L.png BGM(動画+詩)
もくじ  3kaku_s_L.png 闇詩(詩)
もくじ  3kaku_s_L.png 渇き
もくじ  3kaku_s_L.png 紅い闇
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png Lost Files
もくじ  3kaku_s_L.png 戯言
もくじ  3kaku_s_L.png 乾き
  • 【新たなる悦び】へ
  • 【流浪 2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

青き日々

流浪 1

 ←新たなる悦び →流浪 2

「うっ、…カズちゃんって…いつも何も喋らないね…あっああ」

喘ぎのあいまのえーこの声。

「………、うっ!」

聞こえなかったように無言のまま動き続け、勝手に果てコトをすます。


えーこの上から身体を起こし、ベッドに腰掛けて辺りをみまわす和也。

応えるかのように真っ赤なツメがタバコを差し出す。

「マルボロだったよね?」

「うん」

今度は素直に答えながら、同じく差し出されたライターで火をつけた。

白い煙が薄暗い部屋に漂う。


「でもさぁ、カズちゃんまだ十九でしょ?タバコはあんまり…」

「二十歳になった…」


「えっ?いつ?」

「一昨日…」

「前回のときにでも教えてくれれば良かったのに、なんかプレゼントでもカズちゃんにって…」

「だから来たんだ、ここに」

「お店に?お店なの?だれでも良いわけ?あけみちゃんとかぁ?」

えーこは意地悪くほほえんで、和也の顔をみつめてくる。


「あけみさんは、…いいよもう」

「…えーこさんに、会いに来たんだ」

和也の言葉にえーこは微笑んだ。

「ありがとカズちゃん、そしておめでとう、これで大人の仲間入りだね」

和也は柄になく照れたのだろう、そっぽをむいて黙っているだけだった。


ここは場末の風俗店の一室。

そしてお相手のえーこは泡姫だった。

和也より一回りほど年上のえーこは、姫と言うには年がいっていたが、笑い顔はとてもかわいい女性だった。

同じ店の同僚でアル中ぎみのあけみとくらべ、年上とは思えないほど幼い顔をしていた。


次にお店に来てくれたときには必ずプレゼントを用意してるわなどの、たわいない問答をつづけていると、終了を告げる連絡が鳴ってきた。

「はい、わかりました。お時間ですね」えーこがインターホン越しに答えている。


「そろそろお時間ですのでお客様、お願い致します」

口調をあらためたえーこに、いつものようにサービス料を和也は差し出した。すると、えーこはそのままいつものように返してよこす。

「………」

「今日は、わたしのおごりでいいから」

「うん、いつもありがとうえーこさん」

「えーこでいいから、またきてねカズちゃん、お給料が入ったときでいいから」

「…わっかた」

「じゃ、行こうね」

店の出口までえーこが先導してゆく。

和也を出口まで送ったえーこは、小さく手を振ってから深々とおじぎをした。

背中越しにわずかにうなづいた和也は、待っていたタクシーにのりこんでいった。




5・28 改定


<いらん 解説>


喋んないのは 今でも

この頃は まだ マルボロを吸ってましたw


えーこさんは 

この頃の色んな泡姫のおねーさんのいいとこどりですw

あけみさんは 実際に近い人いたけどねw


誕生日のエピは 実際にあったことだけど

19のときだったと思うw


今回は読みやすく ちょっと短めに区切りました

内容はあまり変わらずで

申し訳ないですがw

なんせ

実話がもとなので~ww
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 学園物語
もくじ  3kaku_s_L.png 被虐のうた
もくじ  3kaku_s_L.png 青き日々
もくじ  3kaku_s_L.png 昼のぼる月
もくじ  3kaku_s_L.png 双子の神
もくじ  3kaku_s_L.png 夏物語
もくじ  3kaku_s_L.png 濁流
もくじ  3kaku_s_L.png 青き日々の情景
もくじ  3kaku_s_L.png 小説の断片
もくじ  3kaku_s_L.png 小説
もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 記憶の中の少年
もくじ  3kaku_s_L.png 掌編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 遷都物語
もくじ  3kaku_s_L.png 陽炎のように
もくじ  3kaku_s_L.png あの日の情景
もくじ  3kaku_s_L.png BGM(動画+詩)
もくじ  3kaku_s_L.png 闇詩(詩)
もくじ  3kaku_s_L.png 渇き
もくじ  3kaku_s_L.png 紅い闇
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png Lost Files
もくじ  3kaku_s_L.png 戯言
もくじ  3kaku_s_L.png 乾き
  • 【新たなる悦び】へ
  • 【流浪 2】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

No title

こんばんは。
おお、裏世界の常識が所狭しと書き連ねられている・・・・
小説をかけることに素直に尊敬の眼差し!
そして面白いという・・・
いやらしさがほとんどなく冷めたような和也さんが魅力的!あけみちゃんだらかな?えーこちゃんだったらもっと違う感じなのかな?とか思ってコメント!
応援ポチっ(*´∀`*)

なによしさん お早うございます2

コメントをリクエストと受け取ったボクは
続きを調子に乗ってかきましたww
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【新たなる悦び】へ
  • 【流浪 2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。