* Novel List


NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タ グ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  スポンサー広告  

Edit] 

【 作品のご案内 】        --.--.-- ~  執筆

 スポンサーサイト 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  遷都物語 静城編  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2013.01.06 ~  執筆
序文万物全てに マナありて     示すとおりに流れゆく流れを拒む イシあれば   ミチは不穏に揺れ動く幾世も全ては民ありて 想いと終わりに流れ着く思わぬサマにと 淀み着く解説マナ  まことのな(真名)物の本質や真の姿を表す色合いや形など通常は言葉によって示されるもの常人には不可知の様相...

 序文 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  双子の神  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2013.01.03 ~  執筆
その昔遥かなる昔、生まれて幾ばくも経たぬ大地は二つの大いなる力による争いの末に創世時のような混沌へと帰していた。流れ続ける悠久なる時は、またも気まぐれを起こし、未熟で未明なる大地を再び世界にと齎すこととなる。その幼き大地にも、人々と従順な小動物達と溢れるばかりの緑が湧き出し、恐る恐るに緩慢に蔓延を始めていた。かつて神と呼ばれた創造の七賢人は既にこの世界から去っており、一人残されていた名も無き伝説の...

 序章 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  渇き  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2012.09.15 ~  執筆
誰と居ても 渇いていた何をしても 渇いていた何度求めても 潤う事などありはしなかった仕事が終わり部屋に戻れば、いつも待っていた。いや、待っているのではなく、ただいつも居た。僕を待っているのではなく、この部屋がまるで自分の部屋のように。ひとみは嫉妬深い女だった。情の濃い女だった。気性の濃い女だった。気まぐれで浮気な僕の何処がいいのか。短気で寡黙な僕の何処がいいのか。求めれば応じてくれた。望めばしてく...

 満たされぬ渇き 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。